<<<<<<<<<<<<<< 定年就農八年目の奮闘と現実  >>>>>>>>>>>>>>

2018/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2018/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田植機故障1田植機故障2
5月30日のJAS年次調査が終了して、やっと田植が出来ると、大腿の肉離れで左足が少し痛む状態ですが、親戚の歩行型田植機を借用して羽二重糯の田植を開始しました。
 ところが、なんかチェーンケース辺りから異音がすると想いつつ植えて、5回ほど往復して苗を追加した途端に動かなくなった(-_-;)
 仕方ないので農機メーカーに電話して見て貰ったら、なんとチェーンケースから空気が漏れています(@_@;)
これでは点検修理のしようが無いので、ユンボを持ってくるとのこと。
待つこと30分足らずで、畦シートの切り替えをしている間にユンボ(Vio30)が到着。
 泥濘化している田圃の中を走行して吊り上げてくれました(^_^)/~
このクラスのユンボなら少々の水があっても走行できることを知ったのは収穫(笑)
持ち帰って修理して居たが、1週間後に連絡あり。部品がまだ不足していて、納期が掛りますので田植に間に合いそうに無いとのこと(^_^;)
今年は天中殺で年回りが悪いの予測どおり、災難が続きます(-_-;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。