<<<<<<<<<<<<<< 定年就農八年目の奮闘と現実  >>>>>>>>>>>>>>

2018/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728 | 2018/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整地 水レベル 脚組立 アーチ組立 骨組み完成 完成
 半月近く(実質組立日数は8日間)かかって納屋のハウスが完成した(^_^)/~
①整地作業は、錆びたハウス骨組みを解体して、耕作してあった畝の整地から着手した。
②問題は水レベル計の方法であったが、ネットで調べてバケツを利用する方法を発見、その通りにしたら上手くできた。水糸が15mのハウス長では途中が弛むため中間杭が必要だった、これの水準も同時に求めるべきであった(反省)
③脚は左右で30本(ハウス長を14.5mに変更)して建て込み作業を行ったが、パイプ車庫のようには出来ず、打ち込めないのが2本有った(^_^;)
④アーチパイプの建て込みも一人で辛うじて出来たが、二人いれば良い意味が判った(笑)
⑤天端の横通し22.2mmパイプ設置と天井ビニールの展開には、女房に手伝って貰った。天井ビニールは長手方向に20mで納品されているため、共同ハウスで習った大根を飛ばす方法が出来なかった。
⑥一応完成形ヽ(^。^)ノ 前面の扉は上の敷居の支柱留位置がハウス骨組みに合致していないので、後日に追加調整の予定。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。